言われてみればその通り、日本の夏の過酷さ

今日の関東地方はお天気で、日差しの強さに驚いています。
ポータルの最新報道記事を見てたら、こんな記事がありました。
「外国人が見た“過酷な日本の夏”満員電車、セミがうるさい…等々」

記事によると、夏期の訪日外国人の方々が日本の夏を意外に過酷と評しているそうです。
その一大要因が満員電車です。
「満員電車は超クレイジー、みんな汗だくで乗り込むから蒸れて臭い。
そこで冷房が効いていて、すぐに寒くなる。
あれじゃ、体調を崩すよ」
訪日旅行客のカナダ人男性は、こうコメントしています。

外国人の中には、日本人よりも体内の温度が低い人も多いです。
そういった方々には、クーラー・エアコンが合わない人も多いです。
しかも、こういった方々は弱冷房車・車両の存在を知らない場合が多いです。
しかも日本人通勤者の寒がりさんのように、カーディガン等を持ち歩くといった対策法を知りません。
旅行客では日本国内の電車事情をあまり知らなくても仕方ない、なんとかできないかと思う限りです。

余談ですが、こんな声もありました。
「日本の電車はすごい、定時どおりに運行するし本数も多い。
だけど大きなターミナル駅での乗換が大変だった。
○○線から××線までの移動に、十分以上も歩いて疲れた」
訪日外国人の場合、土地勘が無いので迷ってしまいがちという問題もあります。
その場合、ウロウロと本来の倍以上も歩き回ってしまうケースもあります。

こういった問題は、できる対策にも限度がある気もします。
ですが聞いていると、なんとかできないものかと強く思ってしまいます。アリシアクリニック 脱毛